アクセサリーに使われるチェーンや土台と言えばシルバー・ゴールド・プラチナが一般ですが、
私はその中でも一番シルバーが好きです。

決して価格が一番安いからではなく、シルバーは時間が経てば変色するのがまた味と感じるんです。
もちろん、変色することが味になると言うのはデザインを選ぶのですが、
所々黒ずんだアンティークシルバーのアクセサリーなんて、もう目に入れても痛くないほどに大好きです。

アクセサリー
 

そして、変色してしまうとみっともないアクセサリーは日々お手入れをする喜びがあって、
それがまたそのアクセサリーに対しての愛着を生み出すんですよね。

シルバーはジュエリーと組み合わせるのはもちろん、シルバー単体で彫刻や刻印を施しても素敵ですし、
本当に多才なデザインに加工できる素材だと思います。

手の込んだ細工としては、日本の伝統工芸でもある銀線細工のように、
細い糸に加工した銀を繊細な線模様に形成するなど、もはや芸術と言ってもいいアクセサリーもあるんです。

そして、一見輝きではプラチナに劣るように見られているシルバーですが、
しっかりと磨いて手入れをすればプラチナよりもきれいな輝きを放つんです。

そのほかにも、シルバーに少量のゴールドを混ぜることによって仄かなピンク色になるピンクシルバーや、
あえて光沢を出さず、控えめな印象を持たせるように加工したいぶし銀と、シルバーにの表情は本当に様々です。

もし、シルバーに妙味を持ってくださる方がいたら、シルバーアクセサリーをいろいろ見てください。
きっと、シルバーの魅力を感じるはずです。