ダイヤモンドリング情報誌

指輪ダイヤモンド&婚約指輪の相場の最新版!指輪ブランドの人気チェックやダイヤモンドの品質の調べ方といったノウハウも満載。

アクセサリーに使われるチェーンや土台と言えばシルバー・ゴールド・プラチナが一般ですが、
私はその中でも一番シルバーが好きです。

決して価格が一番安いからではなく、シルバーは時間が経てば変色するのがまた味と感じるんです。
もちろん、変色することが味になると言うのはデザインを選ぶのですが、
所々黒ずんだアンティークシルバーのアクセサリーなんて、もう目に入れても痛くないほどに大好きです。

アクセサリー
 

そして、変色してしまうとみっともないアクセサリーは日々お手入れをする喜びがあって、
それがまたそのアクセサリーに対しての愛着を生み出すんですよね。

シルバーはジュエリーと組み合わせるのはもちろん、シルバー単体で彫刻や刻印を施しても素敵ですし、
本当に多才なデザインに加工できる素材だと思います。

手の込んだ細工としては、日本の伝統工芸でもある銀線細工のように、
細い糸に加工した銀を繊細な線模様に形成するなど、もはや芸術と言ってもいいアクセサリーもあるんです。

そして、一見輝きではプラチナに劣るように見られているシルバーですが、
しっかりと磨いて手入れをすればプラチナよりもきれいな輝きを放つんです。

そのほかにも、シルバーに少量のゴールドを混ぜることによって仄かなピンク色になるピンクシルバーや、
あえて光沢を出さず、控えめな印象を持たせるように加工したいぶし銀と、シルバーにの表情は本当に様々です。

もし、シルバーに妙味を持ってくださる方がいたら、シルバーアクセサリーをいろいろ見てください。
きっと、シルバーの魅力を感じるはずです。

宝石はあんまり持っていないのですが、
今ほしいのは何にでも合って使いやすいダイヤモンドですね。
結婚前に、婚約指輪をどうするか?と言う話が出たときに、
指輪だとぶつけてしまいそうなので
(指にそった指輪でさえ、いろんなところによくぶつけるので)、
相談の結果、ひと粒タイプのネックレスにしたんです。

ですので、それに合わせたピアスが一番ほしいかな。

因みに、以前、ネックレスを購入したお店が移転のため
イベントをしていたとき、ちょっとお買い得だったので
検討はしたのですが、ピアスの場合、
小さすぎても大きすぎても本物感がなくなってしまうんですよね。

ピアスダイヤモンド

 
私が付けるから・・・と言うのもあるかもしれませんが。
しかも、ピアスは1セットで2粒以上は必要になるので
お値段もそこそこしてしまうんですよね。
台座ももちろんプラチナで見ていたので、
そこまで手は出せませんでした。

それ以外ですと、宝石とは言い難いかもしれませんが、
アメジストが好きなのでそれを使った指輪やピアスもいいですね。
例えば安いダイヤをあしらったものがいいです。
このピアス ダイヤ激安が良い感じですね。
これぐらいの激安特価なら1つぐらい持っていも良さそうです。
ピアスには一粒ダイヤモンドがあしらわれているものがいいですね。 
いくつかは持っているのですが、また機会があれば買いたしたいです。

今もこれからも憧れ続けるであろう宝石はダイヤモンドです。
やっぱり宝石の中で一番高いので、
いくつあってもまた欲しいと思える石です。

友人が結婚する時に旦那さんから婚約指輪をもらっていて
そのブランドの婚約指輪は大きいダイヤモンドがハートにカットされていて
どこから光があたってもとても綺麗にキラキラしていてやはり高いブランド物は
良い石をつかっているなと思いました。カラット数によってもかなり値段の差が
あるようなので小さいものはとても安く購入できますが、光が反射してキラキラ輝くのが
遠くからでも分かるくらいの大きさのものをつけてみたいです。

ダイヤの指輪
 
婚約指輪だけではなくて、スイート10ダイヤモンドなどという言葉が
昔はあって結婚10周年を祝うのにダイヤモンドがあしらわれた宝石を贈ると
いうものですが父も母にダイヤモンドが10個ついている指輪をプレゼントしていました。
私も将来的にそんな素敵なプレゼントがもらえたら嬉しいなと思います。
指輪は持っているけれどダイヤモンドの指輪は持っていないので、
友人の結婚式などにつけていけるものが欲しいです。

このページのトップヘ